市民プールで一人で楽しんでたら知らない女の子が近寄ってきて「私これから漏らします」って言って水中で漏らして去っていった話

62pt   2019-04-15 00:07
無料エロ小説・体験談

11: VIPがお送りします 2019/02/09(土) 15:07:48.249 ID:nS1XOCmH0.net 市民プールで遊んでたら女の子がいきなり目の前に来て漏らして去っていった.
その女の子とは初対面だったし,僕は流れるプールに身を任せてぷかぷか浮いているだけだった.
水の流れに逆らって歩いてくる女の子の前には波が立っていた.
それは夏の盛りに海水浴場に紛れ込んできた一匹の鮫のようにも見えた.
浮き輪の上からちらと目をやった僕をまっすぐに捉え,相好を崩して笑いながら,
波を掻き分けて僕の方へとやってきたのだ.
浮き輪が女の子の身体を押して,女の子を柱に僕の身体が回転し始めても,
彼女がその場に転げるようなことはなかった.
女の子は浮き輪の紐をひっつかんで,相変わらず僕の顔を見つめたまま,
今度は水の上を浮かんでついてくる.
市民プールで一人で楽しんでたら知らない女の子が近寄ってきて「私これから漏らします」って言って水中で漏らして去っていった話http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1549691607 c?ro=1&act=rss&output=no&id=8097829&name
   2chまとめアンテナトップページへ
2ちゃんねるまとめサイトの話題が沢山。