韓国の“甘え”を増長させている『日本議員団訪韓』が今年も行われる…

96pt   2019-04-18 16:27
コリ速

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/04/18(木) 06:44:09.95 ID:wF8UNTtX0● BE:512899213-PLT(27000)  自民党の二階俊博幹事長が、離任を前にした李洙勲(イ・スフン)駐日韓国大使と会った席で、200人以上の議員団の訪韓を約束した。
 二階幹事長は韓国の反日機運モリモリの昨年7月31日から8月2日まで、地方議員を含む自民党議員およそ300人を率いて韓国を訪問し、研修会を開いている
バリバリの媚中・媚韓派だ。実は歴史を振り返ると、こうした日本の“甘い顔”が韓国の「身勝手」を育て、反日を増長させてきた。
 「韓国の歴代大統領で、心底から親日政策をとった人はいません。朴正熙(パク・チョンヒ)大統領やその後継者となった全斗煥(チョン・ドゥファン)、盧泰愚(ノ・テウ)
大統領ら軍事政権時代は『親日』だったとの評価ですが、その時代ですら『反日教育』は一貫して続けられています。ですから軍事政権時代は『親日』というより
『利用日』というべきです」(韓国ウオッチャー)
 全政権は日本の歴史教科書にクレームを付け、1982年には記述の修正を要求している。そして、歴史認識問題を外交カードに使いながら日本に資金援助まで
要求し、日本はこれを飲んだ。日本が受け入れたのは全政権が主張した「韓国赤化防波堤論」だ。
(中略)
 二階幹事長には「2回あることは3回、4回ある」と伝えたい。

みんな大好き週刊実話
c?ro=1&act=rss&output=no&id=8006771&name
   2chまとめアンテナトップページへ
2ちゃんねるまとめサイトの話題が沢山。