【韓国】 韓日関係改善にフィンランドが与える教訓~内では平等と和合を、外では中立性を目指し幸せでITが強い国家作った

39pt   2019-05-22 09:35
ます速ch

1: 蚯蚓φ ★ 2019/05/21(火) 23:18:52.62 ID:CAP_USER 最近数年間、韓日関係は悪化の一途だ。過去には政治的に葛藤が発生しても相互実利のために民間レベルの交流は問題なく維持されたが、昨今は順次難しくなっているとよく聞く。

葛藤の深刻化には様々な理由がある。両国間の教育と歴史意識の乖離である。これは私たちは過去の痛みを代を継いで伝えようとするが、日本は埋めようとするからだ。韓日の学生が会えば韓国人は必ず過去の歴史を話題にし、日本人がカルチャーショックを受けるのもこのためだ。

私たちの文化や経済が成長したのも主な理由だろう。韓国はアニメやJポップなど日本文化輸入国からKポップや韓流ドラマのような文化輸出国に変貌し、家電やスマートフォンなどIT機器も世界市場を指向する。日本の嫌韓が激しくなるのは慰安婦や独島(ドクト、日本名:竹島)領土問題の絶え間ない提起が直接的な原因かもしれないが、心理的には韓国が開発途上国だった時期のような余裕がなくなったためではないか?

さらには今年は3・1運動100周年だ。今の私たちは先祖が奪われた国を取り戻すために戦って戦火の灰の上で育てた努力の産物だ。私たちが今年を意味深い年と過去の痛みについて回想するだけに日本に対する悪感情も強く表出されている。

2年前、独立100周年を迎えたフィンランド。彼らは果たしてどんな気持ちだったのか?強国のスウェーデンとロシアの統治を受け独立後、労働者とホワイトカラー間の内戦も体験した。この様な経験を通じてフィンランドは内部では平等と和合を、外部では西側陣営とロシアのどちら側にも偏らない中立性を指向しながら幸せでITが強い国家を作った。韓半島の相対的規模と歴史を勘案すれば両国間には類似点が多い。関係に軽重はあっても日本を含むどの国家とも関係を疎かにしてはならないのは自明だ。

韓日関係改善の努力は必ずしも大げさにする必要はない。一つの方法は日本就職の活性化だ。2011年から人口が減少し始めた日本は数年前から働き手不足で疲弊している反面、我が国は青年失業問題で頭が痛い。日本では韓国人が相当な知的能力をそなえ、熱心に仕事をすることが定評になっているので、我が国の青年が日本で働ける条件を作ることによって互いにウィンウィンになるはずだ。彼らがまた我が国に戻って再就職すれば企業にも活力になるだろう.

韓国を理解しようとする日本人たちの自発的集まりを励まし支援するのも良い方法だ。筆者は最近、民団が東京で主催したセミナーを参観したが、90を超える老学者の演者は日本の教育と歴史意識の不在が韓国人全般に対する誤った認識を持たせると主張した。彼はまた、3・1運動の重要な出発点の東学革命と関連して体験学習ツアーを企画していると明らかにした。

この日のセミナーには休日にもかかわらず、100人をはるかに越える人々が集まった。それだけこの問題に真剣に悩む人々が結構いることを見せる。このような集りを積極的に広報して両国の意識ある者たちの間で議論できる場を作り、進んで支援することによって韓日関係を改善する呼び水に活用すればどうだろうかと思う。

セミナーの終わりにある日本女子学生が自分はKポップも韓国も好きなのに、なぜ日本は韓国と仲が悪いのかわからない、という質問をして聴衆の笑いをよんだ。最近、筆者が会ったフィンランド人は自分たちは過去を聞いて未来を指向することが重要だと考える、と言った。私たちのもう少し開かれて包容する心は不可能だろうか?

イ・ネチャン漢城(ハンソン)大経済学科教授
c?ro=1&act=rss&output=no&id=7563469&name
   2chまとめアンテナトップページへ
2ちゃんねるまとめサイトの話題が沢山。